お問い合わせ 事例紹介

思いがけない旨さ。驚きの静岡市内のグルメ

まだ、何度も行っているわけではありませんが、地元の方のご紹介でとびきり美味しいお店に出会ったのでご紹介。

日本料理『壱』
静岡市の繁華街は駅から数分歩いた方面になります。このお店も静岡県静岡市葵区人宿町1−1−10に静かに佇むお店です。看板目立たないので通過注意。
基本的に、ご主人だけで調理。サービスのスタッフが1~2名という感じでしょうか。開業されて4年目。
カウンターに8名くらい。テーブルが4名。基本カウンターの店だと思います。
懐石のコースが7000円から。
一番お手頃コースでもレベルの高さ、食材の良さが光ります。味付けは関西風メイン。
ご主人の丁寧な仕事を見ながらの和食は展開がテンポ良く、ストーリーも万全。
名物が、レバーペースト、ローストビーフ、土鍋ご飯。しかし、椀物も素晴らしいですよ。
今回は桜エビの炊き込みご飯でしたが、この数年で一番美味しいご飯でした。美事。
お酒のラインナップも万全。お燗の温度も素晴らしい。
コースのみなので、予約必須。054-204-0037

料理と咲け『とが路』
繁華街の真ん中に位置するワシントンプラザホテルの近く青葉通りに面したビルの奥にあります。 静岡県静岡市葵区七間町9−5 1F-B
高級和食とまではいかない物の、落ち着いた店内。カウンターが6名、個室になっているところが2つかな??(4~6名)
コースのみ6000円から。一通り会席のようになっていますが、創意工夫のなされた一品一品が美事なコースです。
中でもお刺身が抜群。今回出てきた塩たたきの鰹には吹っ飛びました。
日本酒に合わせることを気遣ってもらったのか、素晴らしいコースでした。
静岡の食通が、まず先に推してきたのも、良くわかります。
コースのボリュームも十分あって、最後まで堪能し、余韻も良い物です。
日本酒のラインナップも美事で、20種くらいはある感じ。お任せすると、好みに合わせて出してくれます。お燗の扱いも文句なし。

自家製ソーセージとナチュールの店『フランクリン』
こちらも、静岡おでんで有名な青葉横丁近く。カウンター8名、奥のテーブル4名かな。
世界のソーセージを自家製。また、ぶっといので、ボリューム注意。生ハムも自家製。旨い。
ビールのラインナップも拘り十分。ワインはナチュールメイン。グラスは赤白3種くらいは常時あり。
流行の最先端を行くお店です。

スペイン料理『サングリア』
新静岡駅裏にある雰囲気満点のスペイン料理店。
カウンターが広く、雰囲気満点。10名くらい座れるかな。テーブル席多数。
本格的なスペイン料理とサングリアが名物。パエリアは一人じゃパンクしそう。(メチャ旨いですよ)
サングリアは素晴らしいバランス。軽めの味わいで、グイグイ行っちゃう。飲み過ぎ注意。
昼休み無しで、通しでやっているお店なので、昼呑み(昼行灯)にピッタリ。つまみにも困りません。
海老料理も名物です。

居酒屋『大村バー』
デカい提灯のネオンが目印。静岡では知らぬ人無い大型居酒屋。
新静岡駅裏にもあるが、是非人宿町の本店へ行くべし。円形の大型カウンターは圧巻。カウンター席後ろの造形も一見の価値あり。
大型店なのですが、出る物のレベルが高く、安い。静岡の居酒屋を代表する名店です。
こんな店、京都にもあったんですが、コロナ禍で70年の歴史を閉じてしまった…

お燗と中華『華音』
気になる人は調べて行ってみてください。
これまた異色の取り合わせながら、驚くほど高レベルです。
当分、ここにはまりそう。

今回はここまで。
また、開拓したらご案内します。
静岡、侮っていました。驚くほど味のレベル高く、また行くのが楽しみになっています。
ちなみにお泊まりは『ガーデンスクエア ホテル』がお奨め。部屋の設え、寝具のレベル、快適さは抜群でお手頃です。駐車場も万全。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です