お問い合わせ 事例紹介

『さのすけ』さんの、不定期超希少限定メニュー『一本釣りシリーズ』の怪

高根の『たかね内科小児科クリニック』の裏にあるラーメン店『さのすけ』さんでは、時々不定期に『一本釣りシリーズ』と名打った限定メニューが僅かに出ます。
9日土曜日は、僅かではありましたが、超高級魚の『本クエ』のラーメンが出ていました。これは、絶品でしたねぇ!!
多くは『真鯛』だったり『ブリ』だったりという感じなんですが、これがなかなか旨いんです。毎回、良く仕立て方考えられるなぁ…と感心しています。(って、私も2~3回しか食べてない)

常連の方はご存じでしょうけど、この材料供給元は私でありまして、昨年後半から釣果が良いもんで、コンスタントに回数を重ねている状態です。
三重県南部、熊野灘で釣ってきまして、その兜とカマにアラを提供させて頂いております。なかば、押しつけているようなもんですが…。
アラと言いましても、状態は素晴らしい状態で持って帰っておりますので、素材としてはこの上ないことは、釣った人間本人が保証いたします。
昨年後半から、釣ってすぐに活け締めし血抜き→圧搾空気で神経抜き→陸に上がって2時間内に捌き→大型クーラーで氷温にて輸送…といった流れになっております。
神経抜きは、ステンワイヤーでの施術が多く見られますが、しっかり抜けていないこともあり、圧搾空気に変更しました。これは確実です。
締めて直ぐに血抜きしていますので、身に血が回ることもなく、臭みの原因も最小限にしています。

以前は神経抜きまでして、八ヶ岳に帰ってから捌きをお願いしておりましたが、釣り宿からも早く捌いた方が良いとのアドバイスもあり、現地で捌くようにしました。帰ってからも楽ですし…。

その素材を『さのすけ』さんが、素晴らしいスープに仕上げて提供されています。
実施時は『さのすけ』さんのツイッターやフェイスブックで告知されますので、フォローしてみて下さい。
ただし、量は少ないので、早い者勝ちです。

ちなみに、新春に人生初の『本クエ』を釣って、おめでたい状態で、冬期休漁に入りました。遠くに行くので、確実に釣りに出ることが出来るときじゃないと…。
次回は3月下旬頃だと思います。時季としては真鯛狙いですね!!
熊野灘の真鯛は、本当に香りが高く、味も濃いんです。我が家では、ブリもクエも見向きもされず、真鯛が人気です(>_<)。
我が家のお正月のお雑煮も、冷凍ですがこの真鯛を少し入れただけで激変。家族全員の喝采物でした。

この美味しい真鯛ですが、どなたも釣って味わうことが出来ます。三重に行けばの話ですが。
新型コロナの心配が無くなって、良い季節に連れ立ってご案内出来れば良いのですけどね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です