お問い合わせ 事例紹介

ミラーバーンの運転にコツはないです

三連休明けの八ヶ岳方面、路面状況がひどい日がありました。夕方のお帰りラッシュ時に、濃霧とミラーバーン(ブラックバーン)が重なり、もう漫画のように滑りましたねぇ…久しぶりにスリル満点というか、危険度満点の路面状況でした。
翌朝も良く滑りましたね…もう、そこかしこで事故が…。

こういった路面の時、上手に運転する方法があるのか??と訊かれますが、コツなんか無いです。
いかに的確に路面状況を把握できるかが、コツと言えばコツでしょうか。ハンドルの手応えや、発進時の挙動、時には周囲の安全を確認の上で軽くブレーキを踏んでみる等々。あらゆる角度から路面状況を把握せねばなりません。
路面の見た目が一番当てになりません。

何より、十二分な車間距離、速度は出さない、ハンドルは切らない(身体が引っ張られるような運転はしない)、これが基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です