お問い合わせ 事例紹介

いよいよ晩秋の雰囲気の八ヶ岳

オルケア事務所付近も氷点下まで気温が下がるようになりました。周辺の木々も落葉が進み、見晴らしが良くなってきました。
この時期は、車が落ち葉だらけになるのが困ります。雨などが重なれば、車が黄色い毛虫になっている事も珍しくないです。
この枯れ葉を放っておくと面倒なことになります。できるだけ早く、綺麗に洗い流すことが吉です。車体に樹液がこびりつくと、塗装へのダメージと除去が非常に面倒です。
あと、路肩に降り積もった唐松の落ち葉は要注意!! 迂闊に踏んだままブレーキを踏むとズルッと滑ります。濡れていたりすると、一気に滑るので、ますます危険です。

私の車も、ウォッシャー液を冬用にしなくては。今は濃度が薄いので-5度くらいで凍ってしまう可能性大。原液投入で、-20度までOKにしておかねば。最近ホームセンターなどでは、原液でも-5度までの物が売られていたりするので、要注意です。-20度以下の対応品をおすすめします。
スタッドレスも準備しないと。今年は降る予感がするので、できるだけ性能の良い物を限りなく新品で入手しています。数年ぶりのブリヂストンです。12月に入るまでには交換ですね。
さらに、車体のコーティングや窓ガラスの撥水剤も、この時期が施工のラストチャンスなので、しっかりやっておきたいと思います。(私の場合は、自前施工でコストをかけないようにしています)
車でやっておくことは、このくらいでしょうか。バッテリーが弱くなっている兆候があるときは、早めにこの時期交換をしておいた方が良いでしょう。(兆候とは、エアコンのon/off程度でライトの明るさがふれるとか、エンジンのクランキングがチョイ弱く感じるとか…)

このほか、落ち葉の処理や雪かき道具のチェックなどなど、冬に向けて慌ただしくなります。
今年は天気が悪く、本当にBBQができる回数少なかったのですが、その道具たちも片付けないと…

なんだか、年々秋が短くなっているような気がします。今年も、余り秋の味覚を楽しむ前に、冬っぽくなってしまいました。釣りにも行けなかったなぁ…
スキーの準備をせねば…って、道具だけ準備しても、体力の準備ができていない…たぶん、今の体力ではサンメドウズですら、山頂から一気に降りて来られそうに無いです。
いやはや、もっと色々準備をしなくては。

2 thoughts on “いよいよ晩秋の雰囲気の八ヶ岳

  1. ウォッシャー液の濃度のご指摘はその通りですね。昨年は実際に八ヶ岳の寒さで、凍結して困ってしまいました、、特に運転中だと前が見えなくて危険です。暖かい日の日中に富士見町のAコープ横のガソリンスタンドへ行き、相談した上でマイナス20度対応に取り替えて貰いました。厳冬の八ヶ岳は東京の常識が通用しない世界ですね。

    1. 富士見高原の森人さま
      コメントありがとうございます。早めの交換、吉だと思います。また、予備をガレージの片隅においておくことをおすすめします。昨年・一昨年と雪が少なかったので、実感無いかもしれませんが、雪が降りますとウォッシャー液は結構浪費します。『あら、無くなった』ってのは結構起こります。あと、撥水型のウォッシャー液は、混ぜるとノズルが詰まったりしますので、混ぜるのは良くないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です