高画質と記憶媒体容量競争 (SDカード安くなっています)

Youtubeに、有る素晴らしいドライブルートをアップしようと思っていました。まぁ、お天気がイマイチの時だったので、どうしようかと思っていたのですが、ずいぶんアップをサボっているので編集するかと、SDカードを取り出したら…『あれ?もう上書きされてる!!』

ちょっとビックリして、仕様を調べたら、Full HDで撮影したら2時間分しか入らない様で(32GBで)。これまでの機種がただのHD(720p)だったので、結構長時間録画できていた印象だったので、迂闊でした。しかも、64GBのSD入れても32GBしか認識されないようで…画質を維持した状態では、2時間が限界と言うことが判明。これは困った。とりあえずは、交換用のSDを車内に常備することにしました。

世間では4Kなんて言い出していますが、それこそ恐ろしい容量です。SDからのデータ転送だけでも時間かかりそう。

私のスマホに使っていたSDカードが、ここ最近転送レートに不振疑惑があり、どうしようかと思っていたところ128GBが2000円を切るようになったとの情報があり、1900円ほどで東芝製を購入。(正規パッケージ品ではなく、リテール品ですが)入れ替えました。爆速になったおかげで、非常に快適ですが、128GBを使うようになるとは思っていませんでした。でも、4Kで撮ると直ぐに20GBとか食うんです。だから、その辺の余裕を持つ為にも128GBにしました。グッと安くなってきているので、買い時かもしれません。(256GBは、まだ割高かもしれません。128GB、64GBが買い時っぽいです)

amazonは偽物が横行していて、一流メーカー品を詐称した悪質な物の出品が絶えません。私も一度引っかかって、その商品にその旨を書き込んだところ、以降amazonでのレビューの書き込みが出来なくなりました。ひどいわぁ。
なので、記憶媒体をamazonで買うのは止めました。以前は抜群に安かった『上海問屋』も、すごく安い訳ではなく、ほどほどに安い感じですので、余り買っていません。最近は、『風見鶏』が多いでしょうか。高く見えますが、正規品が多く、確実です。

今後はいずれ4Kに行くのでしょうけど、容量を考えるとまだまだの様な気がします。動画編集も、かなりのスペックじゃ無いと厳しいですし。(新品で15~20万クラスで、ケースもある程度大きさが必要)
何とか出来なくは無いけど、所要時間や編集のやりやすさを考えると、そのくらいの性能は必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です