お問い合わせ 事例紹介

国産メーカーの窓性能がグイグイ上がる

オルケアでは窓の断熱性能を重視してきました。
なぜなら、大開口が多いですし、基本的に窓が大きめですから。
気候は札幌より厳しい場所なので、性能は非常に重要なポイントです。

窓の種類で性能がどこまで違うか、比較してみましょう。(おおよその数値です)
普通の1枚ガラスのアルミサッシ  5.0w/㎡・K
普通のペアガラスのアルミサッシ  3.0w/㎡・K
高性能ペアガラスの複合サッシ  2.0w/㎡・K
トリプルガラス木製サッシ    1.0w/㎡・K

同じペアガラスでも、枠とガラスの選択で実に倍の性能差があるんですよ。
オルケアでこれまで多く使ってきた樹脂サッシは1.3w/㎡・Kですので、普通のペアガラスサッシに比べれば性能差は2.3倍。
『ペアガラスだから』という言葉が、いかにいい加減かがわかります。

今後、オルケアで採用が増えてくると思われる、最新型の高性能ペアガラスサッシは1.1w/㎡・Kまで性能が上がってきました。
もう、普通のトリプルガラスに肉薄してきています。
ペアガラスサッシの性能向上には驚きます。

オルケアでは、トリプルガラスに関しては、まだまだ積極的になっていません。
これは、高性能ペアガラスがここまで性能が上がってきたので、あと何割かの性能のために倍近いコストを出すと言うことにメリットが無いためです。
また、オルケアの開口部は大きい物が多く、ガラスの重量制限にかかってしまい、好みの大きさに出来ないことも多くなっています。

サッシに倍近いコストを出すなら、建物の方の断熱をそのコストで性能アップした方が、性能向上効果は2倍以上でます。
コストと性能効果、しっかり解っている専門家は、まだまだ少ないです。
トリプルガラスといえば、聞こえは良いでしょうけど、性能はさほどでは無い…これが今の現状だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。