お問い合わせ 事例紹介

北杜市の高校生の貴重な交通手段である原付バイクが危機的状況に

北杜市の高校生の多くは原付バイクで通学しています。
山梨県の意味不明な指導で、スクーター型の原付バイクのみが認められているので、アニメのような『スーパーカブ』で通学は出来ません。(ギア付きもNGなんです)
しかしながら、この原付バイクが非常に困った状況になってきているのです。

まず、価格高騰です。私が20歳になる前は、最高級だったJOGでも13万円位でした。生意気にディスクブレーキがかっこよかったですねぇ。
これが現在、普通に30万近くしてしまうのです。(新車の話です)しかも、今時のヤマハJOGはエンジンがHONDA製。昔を知る身には『ウソでしょ』って話ですが、本当です。
当然ですが、中古価格も一気に上がってしまい15万円が当たり前になっています。これでは高校生の親の負担も大きすぎる乗り物になりつつあります。

ウチの息子の時も、困って探しました。3万円で、最後の2ストロークJOGを新潟まで、軽トラで取りに行きましたねぇ!!
そんな思い出話も、早い物で既に6年以上前になってしまいました。なので、今の入手状況がもっと厳しくなっているのは良くわかります。

もし、使っていない原付が転がっているよ…という方があれば、北杜市内の高校生へ譲って戴けませんでしょうか。
清里の酒井新聞店さんが、取り次ぎ活動をしています。些少ですが、お礼も出来るそうです。
0551-48-2906

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です