お問い合わせ 事例紹介

今年の梅雨は長いのか早いのか…

八ヶ岳も昨日あたりから、なんだか雨が続いています。気温も低く、梅雨らしいお天気っぽいです。
近畿地方が最速の梅雨入りと言っていますので、こちらの方の梅雨入りも週間予報を見ていると時間の問題でしょう。
そうなると、気になるのが、今年の梅雨は長いのか??早く終わって、長い夏になるのか??どうなるのか気になりますね。

八ヶ岳の梅雨は基本的に気温が低く、15度前後、朝方などでは10度を下回ることもあります。
なので、地元の古いお宅などに伺うと、この時期まではこたつが出ている事は珍しくありません。
オルケアの高気密高断熱技術の家では、ほんの少しの熱源確保だったり、場合に寄っては生活廃熱だけで十分こなしてしまうことも珍しくありません。
こういった時期の快適性に関しては、高気密高断熱の実力が一番発揮される時だと思います。
我が家でも、外に出てみて『ありゃ、今日は寒いわ』って、着る物を取りに戻ることがよくあります。

お天気が不安定な事が多くなっています。
そういったときに、室温を一定に保つ高気密高断熱技術は、益々前進していかなくてはならないと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です