お問い合わせ 事例紹介

車をお得に買う…ただし中古車

中古車屋さんで、車を安く買う…なんて事は基本的に無理な話です。余程ラッキーに、そこで買い取った車を右から左に…という事でも無い限りダメでしょうねぇ。
もっとラッキーなのは、走行に支障ない事故をした車が下取りになどで、そのお店に入ってきたときなどは宝くじが当たったみたいな事もあるでしょうけど、可能性は極めて低いです。(私が現在、このパターンで車入れ替え中なんです…)

一般的に、車を一番安く買う方法としては、業者オークションで直接買うのが一番でしょう。
中古車屋さんも、こういった所で仕入れて、100万前後なら20~30万くらい、200万前後だと50万前後上乗せして売るわけですから。(当然ですが、オークション仕入れしてそのままでは売れませんので、整備等を入れます。その費用もあるので、丸々儲けではありません。)
車両状態が把握でき、ある程度のリスク覚悟できる方は、業者オークション代行業者で購入が最安値となります。
ただ、代行手数料(3万~5万程度、高額の場合は別)がかかりますから、数万円~30万円位で車を探す時は割高になる事もあります。

オークションは、ありとあらゆる状態の車がでますので、リスクは大です。
最悪、自分でヤフオクなどで売却と言う事もあり得ます。

比較的リスクが少ないオークションとしては、『オークネット』『ディーラー系オークション(TAAなど)』があります。
扱い台数が少ないので、目当てのタマが出るかどうかは解りませんが、ヤバい物は少ない傾向があります。
USSとかJUなどは、本当に買い取ってそのまま出てくる物が多く、隠れたトラブルを抱えた物も散見されます。

車のことは興味ないけど、新車はね…という時は、ディーラー系の中古車を買いましょう。
保証も新車並みですし、ヤバいタマは出ませんし。その分割高ですけどね。

八ヶ岳でガンガン車に乗る場合は、新車だと価値の減損が大きすぎるので勿体ない。
余り綺麗な極乗車を乗る場所でもありませんので、私の場合は走行に影響ない事故車に手を出すことが結構あります。良い例がちょっとした追突された車などは、後輪足回りに影響なければヨシとして、修理状況などを見て、買っちゃいます。今回も、追突された車両ですが、ディーラー系の工場で徹底修理中。同等の中古車を買うと安くても100万台後半、普通に200万台いく車両ですが、今回は修理を含めて数十万円です。信頼できる自動車工場との繋がりで降ってきたボーナスのような物です。
1年半で8万キロ近く乗ってしまったので、どうしようかと思案していたところに、いい話が来て、乗り換えを決めました。とてもラッキーです。

最近の自動車は、本当に手がかからなくなっていますが、八ヶ岳でもオイル交換をしていない車両をよく見かけます。
昨今の自動車はオイル交換のインターバルが長いものが多くなっていますが、少し早めの交換をお奨めします。インターバルが長い車は、オイルフィルター(エレメント)も同時交換必須ですので、お気を付けて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です