海鮮好きにはパラダイス 『魚の駅 生地』

昨年の12月から行きたいと思いつつ、中々行けずにおりました。場所は富山県黒部市。八ヶ岳からですと、中央道→長野道→北陸道で行くことも出来ますが、中央道→長野道で豊科ICで降り、国道148号で糸魚川に出て、ここから北陸道の方が早いです。(雪の影響は、ここでは無視)今回も、雪がありましたが、GoogleMAPの案内では高速で行くより148号の方が15分くらい早いとの案内でした。今回で片道3時間半程度の行程です。

まぁ、なんでこんな所まで…と思われるかもしれませんが、魚好きにはパラダイスなんです。しかも、ここはカニが安い。もう少し手前の糸魚川市に『能生』と言う所があって、ここもカニ市場が有名ですけど、黒部の方が半値ぐらいでしょうか。しかも質がいい。香りも旨味も素晴らしいのが出ています。今回は1600円のカニを2杯購入して帰りましたが、その大きさは結構びっくりサイズ。1人では持て余します。大満足です。
カニ以外も、黒部で採れた魚が、生け簀に入っていたり、氷のショーケースにずらり。価格は驚くほど安く、質は素晴らしいのです。外れが無いのも嬉しい。今回は、生け簀に泳いでいた座布団サイズのヒラメを3000円ほどで入手してきました。この日は、この他に寒鰤、アマダイ、真鯛、カワハギ、クロソイ、カレイに甘エビやキジ海老など、豊富に入荷していました。中でも、1kgは有りそうな丸々としたクロソイは、思わず買ってしまいたくなる逸品でした。(いくら何でも食べきれないと判断し断念)
さらには、富山ならではの昆布締めもあって、これまた美味しい。干物もお得です。

魚の駅 生地の外観です

少々遠いのですが、北陸方面で海鮮を入手するには、ここがベストです。質、価格のバランスが素晴らしく良く、色々なこの手の市場を巡りますが、ここを超える所はチョット見かけたことがありません。

2 thoughts on “海鮮好きにはパラダイス 『魚の駅 生地』

  1. 私も最近北陸に出かけることがあり、行きは安房越えて神岡経由、帰りは入善親不知糸魚川白馬経由で行き来してます(勿論下道)。先日は奥能登まで足を伸ばし宗玄酒造で限定原酒を買い求め、あれこれと冬の味覚を楽しんで参りました。中々魅力的なエリアですよね。

    1. ICHIRO様 コメント有り難うございます。良いルートですね。北陸は色々魅力が満載ですね。是非、魚の駅生地も寄ってみて下さい。あと、宇奈月温泉の『やまとや』の寄せ豆腐(前日までの要予約)が絶品です。富山も良い店が多くて、良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です