お問い合わせ 事例紹介

安くなったウィンドリペアキット

公開日時:2020年01月11日(6時35分)

この時期、高速を走る人間を悩ませるのが『飛び石』によるフロントウィンドウの破損。あの『ばちっ』という音は心臓に悪いです。

運悪く、やられたときは仕方ない、リペアキットの登場です。(専門にリペア出すことも可能ですが…1万円以上取られますからね)
以前は、3500円くらいしていたリペアキットですが、最近のAmazonには800円台で多数出品されています。ダメ元で試してみましたが、全然普通です。
10円玉くらいまでのクラックなら、比較的簡単にリペアできます。

といいながら、私の方は、力の入れ方が悪く、割れを大きくしてしまい、ガラス交換となりました。裏から一押しは慎重に…

綺麗にリペアするためと割れを大きくしないためには
1.クラックが入ったら即PA・SAに駆け込み、セロハンテープをもらって傷を保護。クラックに水分などが入ると上手くいきません。セロテープは割れの拡大も防ぎます。(完璧では無いけど)
2.レジンの浸透をするときは日陰でやること。気温の高いときにやること。寒いときにやるなら、キットを暖めておくこと。
3.浸透は気長に。上手く入らないときは少し場所をずらして、圧をかけてみるといいです。裏から押すのは、ハイリスクなので非常手段です。直射日光に当てない限り、すぐに固まらないから、気長にやりましょう。
4.硬化をかけるときはUVライトがあると便利(Amazonで数百円で売っています)
5.たれても焦らず拭き取れば大丈夫。(ポタッと落ちても、最悪硬化させて、カミソリでそぎ落とせばOK)

運悪く大きく割れたときや、縁を割ったときは、交換です。
山梨県では『オートグラス山梨』さんが、比較的安い。松本市では『トータルグラス』さんが安いです。でも、一番安いのは春日部市の『ジャパンオートグラス』がダントツです。
車検証の情報があれば、すぐに見積もってくれるので、電話で比較してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です