お問い合わせ 事例紹介

ブリヂストン ブリザックのスタッドレスタイヤ 大幅進化??

まだ、雪上氷上は走っていないので、何とも…ですが、ブリヂストンのブリザックVRX2は、相当に進化しています。

これまで、ブリヂストンでネックだった、高速での音やハンドリング、乗り心地がほぼ全て解消しているように思います。これまで、この部分はミシュランの圧勝だったのですが、ミシュランの最新型が音の面と効きの面で後退してしまったので、ブリヂストンの圧勝状態になってしまっていると思います。私も、今年は自家用車二台ともブリヂストンへ移行。雪上走行ではないのですが、2000キロほど走ってみて、全然良くなっているのを実感しました。特に高速での印象が激変しています。一番の驚きは音が凄く良くなっています。大変に静か。

オルケアの社用車は、大半でヨコハマを使っていますが、これは高速移動が少なく、長距離利用が余りないためです。価格差が結構あるので、安めのタイヤにしています。効きに関しては、昔ほど差が無くなってきているので、ヨコハマを使っています。

高速利用が多い八ヶ岳族には、しばらくはブリヂストンが良さそうな感じです。

スタッドレスタイヤを用意するときの要注意ポイント。

1.タイヤだけの履き替えはしない(これ、危険です。バーストの可能性もあります)
2.標準サイズにとらわれず、インチダウン(17インチ→16インチとか)できる場合はした方が良いでしょう
3.タイヤの保管に気をつけましょう(直射日光が当たるなどはもってのほか。カバーなどを用意しましょう)
4.ホイールは軽いほど良いです。量販店などのセットホイールはスチールホイールの方が軽いこともあります。重い物が多いです。
5.交換後はボルトの締め付けを確認しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です