八ヶ岳での格安スマホ事情

時々訊かれるので、まとめておきます。

私は、私用の回線はmineoという関西電力系の格安スマホを使っています。仕事用はauです。
auは長坂インター前のきららシティの前にショップもありますし、ことさら違いはないので、ここでは割愛します。
田舎ですので、週末以外はショップも空いていて、すぐに対応頂けるのはありがたいことです。

さて、私がmineoに乗り換えて、すでに3年以上経過しました。これまで使ってみての感想です。
auとの大きな違いは、以下の通りです。
・利用金額が圧倒的に安い。(ザッと半額という感じ)
・端末を新規加入時以外は自分で用意しなくてはならなかった(現在は無くなったが、選べる機種に偏りがあり)
・対応端末が非常に多い(mineoはDocomo回線、au回線どちらもOK)
・家族で利用するには、パケットシェアをするわけでが、少々めんどくさい(一度設定すればOK)
・だれか多めの容量で契約し、他は少なくてもパケットシェアをすれば不足はあまりない。(屋外使用が少ないため)

一般の方でハードル高く感じるのが、端末の用意でしょう。
いまは、新規加入で無くてもmineoで購入できるので不自由は少なくなりました。
でも、端末は買い切りの方が良いと思います。auもスマホの修理は基本宅急便での対応になっていますし、その場で即対応という時代ではありません。
我が家の場合は、古い機種を置いておいて、破損時や故障時は即切り替えできる様にしています。またヤフオクやイオシスのような中古を常々ウォッチしていて、なんかの時にはすぐ中古を購入して対応できるようにと情報を集めています。

都心で使うことが少ないので、あまり体感したことはありませんので正確では無いかもしれませんが、回線の速度差を感じたことはありません。
少なくも八ヶ岳で使用する上で不自由を感じたことは無いです。

一番差が出るのは海外に行くときです。Docomo、auともに一日1000円くらいで使い放題のパックが用意されています。
それを使えば、国内と同じようにそのまま使えます。格安スマホはそうはいきません。現地でsimを購入し、切り替えが必要です。ただ、台湾なんかですと一日200円くらいで使い放題のsimが空港やアマゾンで手に入るので、かなり安いです。電話番号は変わってしまいますが、LINEなどの通話機能を使えば、国内と同じように使えます。これが、最大の違いのように感じます。

我が家の場合、なぜか家族分の通信費を全負担になっているので、auなんかですと破産してしまいます。mineoになって、かなり楽になりました。今は家族分含めて4台分で1万ちょっとです。(誰かの一台分の端末代も払っています)負担感が全然違います。
あまり不自由を感じずに使っていますし、逆に端末に振り回されることがなくなったので、助かっています。中古でも、吟味して購入すれば全然問題なし。私のHuawei P20も快調です。
通信改革、おすすめです。

One thought on “八ヶ岳での格安スマホ事情

  1. 伊藤さんのコラムへの補足です。
    私も数年前にmineoに切り替えましたが、安さ以外にもう一つ重要な要因があります。以前はDocomoを使っていましたが富士見高原では、SoftBank, Docomo回線が上手く繋がりません。(全ての地域を検証してませんが、少なくとも鹿の湯近くの「り地区」では電波が弱く良く聞こえなかったり、途中で切れます。)一方、mineoが利用するAUは比較的良く繋がります。おそらく電波塔の位置の関係かと思います。因みに富士見高原のケーブル会社の提携先もAUです。八ヶ岳山麓では携帯が繋がらない地域も多くある様で、自分の別荘の位置でとこのキャリアの携帯が良く繋がるか調べて購入する事も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です