どうも格好だけのタイヤサイズが多すぎる様です

本当は、家内の車なんですが、訳あって私が最近家内が購入した車に乗り始めました。ところが、その車にはオプションサイズのタイヤとホイールが入っているんですね。(どうも、そのグレードでは標準なんですけど)
標準では215/55R16というサイズなんですが、オプションサイズは235/45R17というサイズなんです。スタッドレスは面圧重視ということもあって、標準サイズを迷わず用意しました。
納車時はスタッドレスの時でしたので、スタッドレスで乗り始めたのですが、非常に軽快で、燃費も良く好印象でした。
暖かくなり、ノーマルに履き替えたら、一気に2サイズも太くなったせいか、乗り心地は重めで、凸凹の続く県道28号の登り坂などでは、足回りがバタバタする感じが否めず…サイズ的に心配だったので新品の快適性重視のタイヤを用意したのですが…それでもロードノイズも気になりますし。
機会があったら、軽いホイールとセットで215サイズに落とそうかと検討中であります。燃費もかなり違うでしょうし。乗り心地もかなり違いそうです。

ひどいよなぁと思うのは、軽乗用車。不必要に大きなサイズのホイールが入っていて、スタッドレスとかがすごく高い物になっています。15インチや16インチが入っていて、実は13インチに下げても余裕で入る…なんて普通にあります。
動力性能を考えると、45%とかの扁平タイヤは全く必要ないのに、格好だけで最初から入っています。燃費も維持費も乗り心地まで、デメリットがあると思うのです。

確かに、サイズを落とせない車も多くあります。
でも、一度は調べてみた方が、車の維持費が驚くほど変わる可能性があります。
昨今、非常に安い中華タイヤといわれる物が出回っています。そういった方向に行かなくても、サイズ変更で1インチ下げるだけでも、『こんなに違うの??』という位、差が出ることが多いです。損は無いと思います。
ちなみに、私の車の場合、オプションサイズの235/45R17だと、4本タイヤ代だけで8万円するのが、標準サイズの215/55R16だと57500円まで下がります。(同じピレリのCINTURATO P7で比較)結構な差じゃ無いですか??
私の今まで乗っていたレガシィ アウトバックの場合でも、極一部を除き、インチダウン可能です。標準では215/55R17なのですが、215/60R16に落とせます。215/55R17が72000円ですが、215/60R16にするだけで6万円くらいになります。(YOKOHAMA デシベルで比較)かなり違いがあると思います。
ちなみにアウトアックの場合は、インチダウンした方がスタッドレスは明らかに効きが良いですし、乗り心地も良くなります。高速とか振れたりしないか??と言われますが、ここでは書けない速度(ほぼメーター一杯とか)で走っても、感触として差はありません。ホイールを軽い物にした方が遙かに違いが出ます。
格好重視もあるのですが、八ヶ岳の路面状況や使用頻度(乗る距離)を考えると、実用方向に持って行った方が賢明だと思います。どうしても両立を図りたいときは、ホイールを違う物にして、大きく見えるデザインにすれば変わってくると思います。ヤフオクなどで、適合サイズを探せば、たくさん出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です