お問い合わせ 事例紹介

予想外の苦戦となりました 新東名経由作戦

ちょっと、私事の用事があって、西方面へ車を向かわせる事がありました。仕事終わってからの出発という時間帯も悪かったと思いますが、失敗談です。

実は、三重方面へ行くのに、ルートを悩んでいました。現在、恵那山トンネルの岐阜側で大きなリフレッシュ工事を行っていて、数キロ間で、対面通行を実施中なのです。ちょっとした交通集中で渋滞が起きることもあって、開通区間が伸びた中部横断道から新東名を抜けた方が早いかな??なんて色気を出してみたんです。

確かに、中部横断道はラスト一区間だけ下道となりましたので、非常に早く感じます。(この日は濃霧で、遅くなっちゃいましたが…)非常に楽ですね。予想外だったのは、白根ICから六郷IC迄の利用者が多いこと。その他の区間は、結構ガラガラでした。

新東名高速に出たのが、9時前と、長距離トラックが一番多くなる時間帯だったということもあると思いますが、120キロ制限を使い切ることもできず、大型トラックに進路をふさがれ、平均速度は80キロ台という有様。
結局名古屋通過までに、予想以上に時間を食い、神経をすり減らしてしまいました。日中走る方が走りやすいかもしれません。この時間帯は、中央道を抜けた方がトラックも少なく、走りよいと思います。

色々な時間帯で、googleによる所要時間予測をしてみました。名古屋以西、特に新名神を使って西方面に行くときは、中部横断道経由は候補になってきます。八ヶ岳からでも、三重方面大阪方面行きなどは特に有用かもしれません。京都は、名神と交通量比較です。道自体はカーブもきつく、車線幅も狭いので、走りにくいのですが、トラックの交通量が減ったので、走りよいときもおおくなりました。

中部横断道が静岡まで全通したら、ますます検討の範囲が広がりそうです。

全くの余談ですが、お伊勢参りを八ヶ岳や関東から車で行く方には、浜松西ICで高速を降り、渥美半島の太平洋側を走り抜けて、伊良湖からフェリーという方法も有力です。
走行距離(300キロ強で収まります)が非常に少なく、旅情感満載です。冬は強風でお奨めしませんが、それ以外は穏やかなことが多く、良いルートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です