6/25 朝の地震 八ヶ岳は影響なし

更新日:2017年06月25日

昨夜のcafeが忙しく、就寝が遅かったので、未だ寝ていました。私の携帯は沈黙していたのですが、家内の携帯がけたたましく【緊急地震速報】を奏でたので、目が覚めました。
間髪入れずに『ビリビリ』とした、携帯のバイブのような細かい揺れを感じましたが、震度1か2程度の弱い物で、横揺れなどは感じることがありませんでした。30秒から40秒位のビリビリした震動で、今までには体験したことの無い揺れ方でありました。

先日の豊後水道の地震、今回の御岳の地震、いずれも『中央構造線』と言われる付近で起きています。実は、八ヶ岳の南側、白州や武川との境目にも、同様に『中央構造線』が走っています。
政府の『地震本部』でも、予測が出ていますが、かなり高い確率のエリアになっています。いつ何時、震度6に襲われるか判らないと思っています。
オルケアでは、創業以来全棟で『構造計算』を実施し、同等の耐震性能でも、構造強度が全く異なる構造体を採用しています。(詳しくは、住まいの学校をご覧下さい)

政府 地震本部
オルケア 住まいの学校

非常時に備えての、若干の備蓄も忘れてはいけません。『備えあれば憂い無し』




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です