USB-Cの時代来る

最近、5年越しだったスマホを変えたら、充電器が合わなくなって相当に戸惑っている私です。なにやら『USB-C』と言う物へ変わった様であります。もう、世界共通コンセントとなっていたMicroUSBが早くも変わってしまうのか…と、変換ジャックや、新しくケーブルを買い込んでいます。もう少し、統一規格で走っても良かったんでないの??と思うわけですが、なるほどメリットも結構あるようです。

まず、耐久性と大容量。私はここ数年、スマホ=HTCで来ています。仕事用も個人用もHTCを使っています。なぜなら、裏切られないし、使い良いからです。あと、台湾に行けば、安く色々なアクセサリもあるので…しかし、数年間使ったHTCは家族もそれぞれ使っていて、我が家には3台もありますが、全部MicroUSBがおかしくなっています。設計では抜き差し3000回と言われるMicroUSB、当時は1000回ぐらいしか考えてなかったようです。所が、USB-Cは10000回だそうで、これはありがたい。確かに、抜き差しの感触がしっかりしていて、好印象です。
大容量というのは、充電の電流です。今回付属してきた充電器は、なんと2.5A出力で、1時間で75%充電を実現。まぁ、空っ穴まで使うことは無く、20%~30%で充電するとおもいますので、一時間足らずで満タン!!これは嬉しい。普段は、30分くらいで満タンになっています。

裏表無く、差せるというのはおまけみたいなもんで、後は高速なデータ転送。もしかしたらHDMIも過去の物になるかも…と言われています。10Gbpsは魅力ですねー。1GBのデータが1秒で転送できる!!夢の速度です。(実際は、其処まで無理でしょうけど、でも2秒で済めば嬉しいです)
なので、MicroUSB機器の新たな購入は、暫く最小限にしておいた方が良いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です