お問い合わせ 事例紹介

雪が無くても滑りますので要注意

今朝は12月らしくない雪になりました。
大泉のセブンイレブン付近(標高1100m弱)では明るくなるにつれて雨になってしまいました。
空気の冷え込みもピンと張った物がなく、12月らしくない朝となっていました。
天気予報もしばらくは大きな冷え込みはなく、暖かめの日和が続くようです。

しかしながら、雪が無くても氷点下前後になりますと、路面上に霜が乗って滑りやすくなっていることがよくあります。
路面の色も他と余り変わらないので、要注意です。
先日、高山市への道中、標高が1400m付近での峠を超えるときに、先行していた車が派手にスリップしていました。
路面は凍結していたわけではないのですが、霜が降りている状態。ノーマルタイヤではひとたまりも無かったでしょう。
氷点下の声が聞こえたら、スタッドレスに履き替えて、安全運転が必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。