お問い合わせ 事例紹介

4月の八ヶ岳高原ロッジ音楽堂のコンサートが凄い

エイプリルフールですが、普段通りの内容で失礼いたします。(ユーモア考えるほど、脳みそに余裕が無いのが実情です)

野辺山にある『八ヶ岳高原ロッジ』ですが、吉村順三氏の設計による、素晴らしい音楽堂があります。
雄大な自然の風景(天気が良いと富士山も見えます)がバックスクリーンになる極めて珍しい造りと、スヴャトスラフ・リヒテル氏や武満徹氏による音響監修による美事な音響が素晴らしいコンサートホールです。
このホールでは、冬場でも月に2~3回、これからの季節は毎週のようにコンサートが開催されます。それも素晴らしいアーティストによるコンサートです。

4月の予定を見ますと…
4月10日土曜日 渡部貞夫カルテット
4月17日土曜日 KOKIA(シンガーソングライター)
4月24日土曜日 村治佳織(バイオリニスト)
4月30日金曜日 小椋佳(5月1日も公演あり)
この豪華ラインナップ。堪りませんねぇ。
5月にはサラ・オレインさんのコンサートもある様です。

この大自然の中で、ガラス張りのコンサートホールでの公演は素晴らしいです。
チケットも12000円前後と、良心的。しかも、基本的に生音です。250名収容ですが、現在は150名程度に絞っているようです。
お奨めです。


2 thoughts on “4月の八ヶ岳高原ロッジ音楽堂のコンサートが凄い

  1. 伊藤さん
    お話に水を差す様で誠に申し訳ないですが
    、高原ロッジのコンサートは宿泊セット券でなければ割高だと思います。恐らくホールの使用料が高いからだと思います。庶民感覚では1人1万円を超えるコンサートは高いと思います(夫婦で2万円です)東京では例えば海外オーケストラが来た時は1万円超えますが、ビアノのソロや弦楽トリオで有れば5000-7000円程度が相場です。音楽愛好家としてはホールの使用料を落として価格力を訴求して欲しいところです。因みに北杜市には沢山市営の素晴らしいホールがあり、そちらのコンサートは低価格で良いです。「やまびこホール」は東京のホールと比べても引けはとりません。個人的な意見ですが北杜市は音楽愛好家には素晴らしい街だと思います。

    1. 富士見高原の森人 様 
      いつもコメントありがとうございます。
      高原ロッジのコンサートは、通常時でも250名と非常に少人数の観客しか入れないので、その辺の収支が大きく影響していると思います。(現在はコロナ禍で150名程度)
      その代わり、基本的にマイク無し、あの至近距離(全席がSA席以上と言って良いと思います)での鑑賞は至極の世界です。一般的なホールでは味わえない素晴らしいコンサートです。是非、一度お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です