お問い合わせ 事例紹介

くすんだ愛車のリフレッシュには最高 東京オート洗車練馬店

またぁ、遠いところの話題で…と思われるかもしれませんが、残念なことに山梨や長野には、このクオリティーでこの価格でやってくれるところが無いのでご紹介。
練馬の大泉IC降りて2km位の道沿いに、【東京飯店】とか【桃太郎寿司】が有るところ…と言えば、ピンと来る方も多いのではないでしょうか。
社用車やタクシー・ハイヤーの洗車を主にやっている、洗車専門店で24時間営業のお店です。系列店が中野にもあるのですが、こちらは人手不足もあって、通常の洗車以外は余りやっていない様子。(今回も電話しましたが、断られました)

今回、私の自家用車をオークションで破格購入したので、手入れのために出すことにしました。
業者がオークションに出していれば、整備済みで来るでしょうけど、基本的にオークション購入は右から左。現状渡しですので、色々な事は自分でやらねばなりません。
この辺は『チョー激安車をオークションで買ってみた 編』として、また詳しくご紹介します。
今回は、通常の中古車相場120~150万円程度の車を、オークションで38万円ほどで入手したので、十分話のタネになるかと。

さて、東京オート洗車さんは、普段は通常の洗車業務が主なのですが、実はスペシャルメニューが沢山あります。
その中で、今回お世話になったのは『スーパーマニキュア』という、外装手入れコースと、『室内丸洗い洗浄』というコースです。加えて、クレベリン消臭もお願いしました。

『スーパーマニキュア』というのは、簡易コーティングなのですが、かなりしっかりと下地処理をしてくれます。
洗車傷などが目立ってきたり、くすみ(主に水垢や付着物が原因)が目立つ車だと効果絶大。ピカッと、新車の時を思い出すような感じに戻ってきます。
コーティングに出すと、すぐに5万円だの10万円だのかかるので、中々手が出ませんが、このコースは1万円台(車種で異なりますが、余程大きくないと2万円は行かない)。結構お気軽に出すことができます。
予約状況次第ですが、暇なときは朝一預け、夕方引き取りも可能だそうです。本格コーティングではないので、事後自分でチョイチョイ手入れする人向けです。
もう約1万円アップで、しっかりしたコーティング仕上げも可能だそうです。

『室内丸洗いコース』は、業務用の洗剤入りの水を噴射しながら吸い取る機械を使って、シートから内装全体を丸洗いしてくれるコースです。
動物を乗せて汚れてしまったり、中古車を購入したときには、是非お奨め。中型車で3万円くらいです。
これは、乾燥があるので、2-3日預けるようになります。私も、火曜日朝一に預けて、木曜日の夕方に引き取りました。
今回、私の車は相当に汚れていたんですが、新車のようになって帰ってきました。あまりの変貌に、僕自身が驚いたくらい。室内汚れが気になる方は、検討価値大です。臭いも相当軽減されます。

『クレベリン脱臭』は、正露丸で有名な大幸薬品が販売する二酸化塩素系の殺菌剤を用いて、殺菌脱臭をするコース。2500円。
室内の丸洗いを実施して、これでトドメを刺す感じでしょうか。中野ではオゾン脱臭をやっているようです。
かすかに喫煙臭が気になっていましたが、今回の処理(丸洗いと併用で)でほぼ無くなったと思います。

仕上がりに関しては、本当に満足度が高いメニューです。特に『スーパーマニキュア』は、駐車場代わりに預けて、東京で仕事か買い物かして、帰れるのがいい。
毎日、相当な台数をこなす専門がやっているので、仕上がりもお見事。今回も、どんな馬鹿力で拭いたのか??というような拭き傷があったんですが、綺麗に無くなっていました。

今回は練馬で預けたので、八千穂からの関越経由で東京入りしました。中央道と違い、朝の通勤ラッシュも少なめで、スムースでした。
八ヶ岳からですと、関越経由が便利でしょう。駅は、西武池袋線の高野台駅まで1km 15分ほど。意外と近いです。
かつては、同様の洗車で、吉祥寺の連雀にあったんですが廃業してしまい、20年ぶりくらいに、こちらにお世話になりました。お奨めです。
八王子や多摩方面には、同様の業者さんが複数あるので、探せばもう少し近いところもあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です