お問い合わせ

むやみに壁厚を厚くせずに極限の性能を追求

公開日時:2019年11月19日(7時44分)

断熱材の選択は非常に難しい問題です。正しい知識と理論を持っていないと結露事故に直結します。
特に、昨今は断熱性能が重要視される様になり、今まで余り断熱のことを考えてこなかった会社が急に断熱に走ったりすると、結露事故に結びつきます。
八ヶ岳の場合は、札幌より厳しい気候であること、一日の中で温度差が非常に激しい特性があることなどから、結露事故の可能性は非常に高いエリアだと言えます。現に、リフォームの現場で『なんじゃこれ』と絶句するような現場も出てきています。間違った知識が結露事故を呼ぶ。非常に恐ろしい世界です。

オルケアでは、パネル系高性能断熱材を開発製造するアキレスさんと共同で、新しい断熱工法を開発しました。
これまでと壁厚は同じでも、大幅に断熱性能は向上します。完全密閉断熱層を形成し、結露のリスクから完全に解放されました。
飛躍的に向上する性能を、是非実感して戴ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です