扱いが難しいが、圧倒的な旨さ。岩手切り炭のすごさ

公開日時:2019年07月28日(6時55分)

昨今はどこのホームセンターに行ってもBBQ用の安い炭しか売っていません。殆どがマングローブなどの南洋材を炭にした物で、着火もしやすく、ある程度の強めの火力で火が落ちるのも早めです。1kg100円~200円の価格もすごいですよねぇ。
或る方から、備長炭はBBQに向かないが、岩手切り炭は扱いに慣れが必要だけど、素晴らしい焼け具合になるぞ…と言われて、ちょっと使ってみようかと思いました。確か、NHKの【日本風土記】でも、岩手の炭焼き士の方が『美味しいと言われる炭を作っています』と言われていたのを思い出したところ。

さて、岩手切り炭を探すのですが、山梨県内『くろがねや』『ケーヨーD2』『カインズホーム』『コメリ』は全滅。知らぬ間に『くろがねや』と『ケーヨーD2』は置いている物が一緒だったりしてびっくり。ところが『綿半ホームエイド』(旧Jマート)は置いていました。6kgで1800円ぐらいだったかと。kg300円ですから、輸入物の安物の倍程度の価格でしょうか。しかし、綺麗に切りそろえて紙袋に入っています。もう、それだけで美しいです。

で、実のところ天候不良で一回しか焼いていないのですが、ジワリとくる火は独特で、肉がふわりと焼けます。これは旨いに決まってます。
なんと言いましても、煙が良い匂いなんです。時々『チン、チン』といってはぜる音も風情が違います。これは、大人のBBQに一気に格上げです。
今までの炭は、『かーっ』と燃えるような感じですが、切り炭はジワリと来る火が心地よく、思わず足下に置いておきたくなる感じです。

着火に関しては、一気に火が回らないので、本来は火起こし器で火をおこして七厘に入れた方が楽かもしれません。いつもの着火材を下で燃やす方式では、少し時間がかかるかも。これは、もう少し練習してみます。
もう少し、扱いを練習して、美味しいBBQが指南出来るようにと思っています。具合の悪い串台をやめて、amazonで430円送料込みで売っている焼き台を登場させようかと思います。
やっと梅雨も明けそうなので、再開をもくろんでいます。

2 thoughts on “扱いが難しいが、圧倒的な旨さ。岩手切り炭のすごさ

  1. キロ300円は安すぎでは?
    袋底面に生産者の名前がないものは正規品ではないそうです。
    匂いも煙もさほどなく、火付きも簡単なのが本物です。
    とはいえ自分もまだ使ってませんから挑戦したいです。
    後追い記事楽しみにしております。

    1. PAKAさん コメントありがとうございます。生産の方の名前ではなく業者名入りでした。岩手県木炭協会規格品となっておりましたので、大丈夫かと思います。匂いは最高に良く、着火時の煙もほとんど出ません。備長炭などに比べますと格段に火付きが良いです。
      スーパーやホームセンターで安く出回るマングローブか何かの輸入炭に比べると、火付きが若干悪いと言うだけで、あの輸入炭が異常に燃焼が早いだけに、火付きも良すぎると思っています。
      今年は天候が悪く、あの後は一回しか火を使っていないのです…。なので、もう少し遊んでからと思っています。燃える姿にも品のある燃焼です。最近は火付け用に輸入炭をそこに一握りいれて、その上に切り炭を乗せています。これだと、文化焚き付け一個で確実に炭が起こります。(横着者なので、火おこしで炭に着火せず、七輪に炭を投入後、空気取り入れ口から文化焚き付けを一個入れて火を付けています)
      今年は、レポートできるか自信有りませんが、切り炭の良さを必ずお伝えしようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です