12月としては暖かすぎ…

12月に入ってしまいました。もう、年の瀬です。なあんか、緊張感の無い12月の入りだな…と思ったら、暖かすぎるのです。例年ですと、氷点下は当たり前。-5度とかも普通に大泉でもあるはずが、氷点下が珍しい…と言う今年。少々緊張感が緩んでしまいます。

11月に雪が降り、今冬の雪が気になりますが、さっぱり今年は読めません。と言うのも、大雪になりそうな情報が無い。でも、海洋は変な動きを見せている。気象庁の中長期予報は平年並みらしい…と、要素がばらばらなのです。私の方は、何時でも出動と、気構えておりますが…オルケアの除雪重機は、整備が終わり、塗装に磨きも入ってバッチリです。今年こそは、活躍を期待したいと思います。

そんな今年の冬の入りですが、実のところはお正月までは暖かい日和が続いてほしいと、密かに願っているのも事実なのです。お正月は、皆さん山荘へお越しになる方が多く、朝方に-10度を下回るような寒波が来ますと、凍結事故が頻発して、お正月じゃ無くなってしまうのです…。何とか、穏やかなお正月になりますように…。
あ、近年のオルケア建築は、大寒波が来ても凍結とは無縁になっています。水廻りが、外に露出するのを止め、リスクが殆ど無くなりました。やっと、この造りも北海道基準になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です