高速バスは、運行時間遵守へ傾いたか??

ここ最近、チョコチョコと高速バス乗ってみたんですが、松本電鉄(アルピコ)を含め、運行時間遵守路線になっているようです。高速が空いていても、時間調整しながら走っている感じがあって、早め着は無くなっている様です。

しかーし。運行会社での車両差は大きく、京王やアルピコは、最新の車両を使っているのに、山梨交通では年期の入った『GALA』だったりと、差は大きいです。車両が違えば、シートの幅も異なり、山梨交通の『GALA』では、隣との手すりすらありません。ウトウトして、身体が揺れれば隣の人と接触です。一方で、新しい車両では、しっかりした手すりが付き、メタボな私でも余裕のシート幅です。あと、何より乗り心地が良いです。道路の段差や凸凹を、音も少なくいなして走るのは心地よいです。(特急あずさが、都内に入ってゆっくり走るときの乗り心地の良さに似た部分があります)

乗るときは、運行会社を選ぶのは、結構なポイントかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です