お問い合わせ 事例紹介

日本ー台湾間も減便始まる

2月下旬から 中華航空とエバー航空で日台間の減便が発表されました。ANA・JALは、まだそういったことにはなっていません。
ピーチも関空ー桃園を一日4便出していましたが、深夜便に関しては今日現在、4月からのダイヤが出ていません。一日3便しか予約が取れない状況です。LCCですが、期間限定で対象期間の航空券を無条件で払い戻しするという、LCCとしては極めて異例な対応をしています。(日中間と日台間の航空券)

日本では、殆ど報道されていないので、知らない人も多いと思いますが、現在台湾からの日本出国に関しては台湾政府より注意喚起が出ていて、『市中感染の可能性有り』とコメントが付いています。
在台の日本人の方からの情報でも、日本人に対する警戒感が出始めていて、飲食店などでの相席などはしづらくなったとの話がありました。日本向けのツアーなどはキャンセルが相次いでいるようですから、利用客数が激減しているのかと思います。

あれだけ満々で運行していた台湾線がこのような事態になるとは、驚きです。早く沈静化してもらわねば…と思うのですが、現況を見る限り少々厳しそうですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です