新米・新そばに新酒の季節

実りの秋です。天候が不順でしたので、心配しましたが、お米の味も良く、収量も悪くないとのこと。ホッとしました。サニーサイドカフェも新米へ移行の時期となっております。

蕎麦に関しては、残念ながら今年は今までに無い凶作で、価格暴騰気味です。新そばは、少し高級食になってしまいそうです。なんと言っても、最大の産地である北海道が豪雨被害で、半分以下らしいです。厳しいですね。

新酒は、山梨ヌーボーは3日に解禁済み。17日は本場のボージョレーです。ボージョレーは、春に雹災に見舞われ、心配されましたが、その後はまぁまぁの天候で、バランス良い仕上がりのようです。速報を聞く限り、糖度も何も問題はなさそうな情報でしたので、サニーサイドカフェでもボージョレーを予約しております。17日木曜日より御案内させて戴きます。今年も2種類入荷します。いずれも売り切れ御免で数本ずつですので、お早めに。17日から20日はグラスでも、お楽しみ戴けるように致します。楽しみですね。

6 thoughts on “新米・新そばに新酒の季節

  1. 美味しい季節が八ヶ岳にやって来ましたね。正直、こんなに沢山のお蕎麦屋さんが八ヶ岳に有るとは思っていませんでした。ドライブしていてお店の数に驚きます。一度オルケアのお客さんで人気投票をやってみたら。営業妨害にならない程度に….. 本当に八ヶ岳でお蕎麦が美味しいお店が浮かび上がるかも。

  2. 富士見高原の森人 様  コメントありがとうございます。お蕎麦屋さんの味って、意外と五十歩百歩の部分が多いです。論外は置いといて、特に高レベルなお店は差が出にくい様に思います。富士見では、『新次そば』が頭一つ上でしょうか。(先代の味を知った人間には、物足りないのですが、他店との比較の中では…)それ以外では、『草五庵』さんが圧倒的な感じがします。(私の場合は、コストパフォーマンスも結構重要なので…他の方とは評価が異なるかもしれません)

  3. ヌーボーと言うより、プロの目から見た山梨県産ワイン全般について一度お話を伺って見たいです。CPは悪いですが昨今の国産ワインも頑張っていますよね。何かオススメの銘柄有ったらご紹介頂きたいです。私的には鉄板のカツジョー、塩山周辺のワイナリー、明野の圃場の葡萄を醸したラインとかマイブームです…

    1. ICHIRO@原村 さん コメント恐縮です。実は、CAFEにも一本ぐらいは、日本ワイン(この言い方、私はかなり抵抗感あります)有ってもなぁ…と意識して飲むんですが、何だかなぁ。この値段で売れるのか??と言う物ばかりで、中々見つかりません。4千円前後出せば、なかなか良い物があるのですが、フランスワインで4000円と言えば、シャンパンも、格付けワイン(3~5級ですけど、旨いのもゴロゴロ)も買える値段です。チョット手が出ません。もう3~4割は安くならないと、買えんなぁ…と悩む毎日です。Rue de Vinと言う東御のワインも旨いなぁ…と思いましたが、値段を聞いてびっくり。迂闊に飲めません。

  4. 立て続けに失礼します。富士見の新次そば、あそこは接客にクセ有りますが、田舎蕎麦としては上モノですよね。コンビニ感覚では高原スキー場の花鳥野とか蔦木宿の蕎麦もCP高めでしょうかね。

    1. ICHIRO@原村 さん コメント有り難うございます。新次そば、代替わりした頃に比べると、凄く良くなっていました。本当は、何処でも花鳥野や蔦木の道の駅価格で楽しめると嬉しいんですが…。つい、小淵沢の駅そばで済ませてしまう、今日この頃です。(しかも、いつも月見)原村からは、離れますが、清里の草五庵さんのCPは、凄いと思います。1800円であの内容は嬉しいです。あと、最近は松本の『こばやし』とかで、七笑の『豪笑』(ごうしょう)を呑みながら、都会っぽい蕎麦をつつくのもお気に入りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です