キッチン色々

オルケアの建物では、『このメーカーから選んで下さい』…という様な事はしていません。国内で流通している物であれば、メンテナンスに不安が無い限り、どのメーカーでもベスト価格でチョイスできるようにしています。ここでは公表できません(公表すると、なんでオルケアだけあんなに安いんだ!!と苦情が出ます)が、大手メーカーさんであれば、ネット上の最安値より安く御案内出来る様に頑張っています。

そんなわけで、私の場合は主要メーカーの色々な製品を見ていますから、各メーカーの長所短所が解ります。キッチン一つでも、結構違いあって、癖がある物だと感心します。そんなこんなで、簡単にご紹介してみましょう。

『クリナップ』
キッチン専業として有名ですが、洗面台もユニットバスも造っています。上位機種はステンレスの躯体を売りにしています。中級機は値引きが良く、コストパフォーマンスに優れています。キッチン後ろに組む事が多い、収納カップボードの天板が、3000mmまでメラミンポストフォームで組む事が出来、かつ白だけで無く、4種類からチョイス出来るのはクリナップだけ。他社は1800mm以上だと、人工大理石(高い)にしないと継ぎ目が出てしまうのです。地味ですが、バリエーションが豊富で、幅広キッチンへの対応など、柔軟性が高く、お値段が控えめなので、使いやすいです。
『タカラスタンダード』
ホーローキッチンで有名でしたが、野暮ったいデザインでイマイチ人気がありませんでした。しかーし、近年はスッキリしたデザインとなり、格好良くなりました。ホーローは欠けるとか剥げると言うイメージがありますが、タカラのホーローはタフです。ハンマーで叩いても大丈夫。また、木製キッチンはAICAの面材を使っており、高圧メラミンになります。その為、造作家具を同じ面材で作れますし、剛性の高い躯体になります。コストパフォーマンスが良いので、人気があります。
『パナソニック』
ベリティスの面材が最大の特徴です。本物の木材と解らぬ質感が特徴です。無垢面材のキッチンを希望される方が多いですが、お手入れの面・価格面で中々良い物が無い中で、このベリティスは存在感があります。Lクラスは、割高感があって、余り出る事はありません。メインはラクシーナでしょうか。
『TOTO』
クラッソを積極的にCMしていますが、チョット高めの価格と、秀でた部分が少ないので、余り出ていません。コストパフォーマンスが高いのは『ミッテ』ですが、選択肢が少ないので、条件にはまったときはお買い得な機種になります。地味ですが、良く作られており、安物感はありませんし、実際の作り込みは良い感じです。手堅い造りで定評あるTOTOならではの製品です。
『LIXIL』
サンウェーブを吸収合併して、その延長線で製品が出ていますが、LIXIL全体に言える値頃感不足で、余り出ていません。最上級クラスには、セラミック天板が出ましたが、一長一短があって、主流にはなれそうもありません。
『トクラス』
なんだそれ?と言われそうですが、元々はYAMAHAです。数年前に名前が変わり、資本も変わってしまいました。製品的には同じような物を造っています。人工大理石を自社製造するため、多くのメーカーが平板を接着加工するのとは違い、分厚く、質感豊かな人工大理石が特徴的です。また、面材の質の高さも良い物があります。ただ、山梨からショールームが無くなった事、新商品が出ていないことから、余り出なくなっています。
『WoodONE』(ウッドワン)
数年前まで『ベルテクノ』というキッチンメーカーがあって、それを吸収合併して一気に出てきました。無垢面材を全面に押し出している珍しいキッチンメーカーです。物は良いのですが、無垢面材なのに、ガッツリとウレタンコートがしてあって、質感が活かせていないのが残念。最近は、意欲的なオープン棚等を発表したり、独自路線のキッチンを出してきています。
『YAJIMA』
何処ですか???と言われそうですが、実は八ヶ岳に工場がある、特注キッチンを得意とするメーカーです。特にステンレス加工が得意でして、厚さ1mmのSUS天板は圧巻です。無垢面材を希望される方には、ここで特注キッチンを造って、オルケアで特殊加工する事での対応が多くなってきました。お値段もお手頃で、コストパフォーマンスは優れています。(収納カップボードは少し高めか)総ステンレスのキッチンは、素晴らしい出来で、非常に値頃感があります。
この他にも、メーカーはありますが、今日はこの位で…

2 thoughts on “キッチン色々

  1. キッチンについてはやはり最終的にはビルダーのアドバイス力とセンスに尽きると思います。顧客の好みや予算、建物のデザインを総合的に勘案して的確にアドバイスしてもらわないと、施主は多くの選択肢の中で混乱し、展示場回りで疲れ切ります。有り難いことに、良いアドバイス頂きました。

  2. 富士見高原の森人 様 コメント有り難うございました。オルケアの場合は、メーカーの縛りがない分、迷ってしまいがちですが、各メーカーの特性を捉えておりますので、お客様の求めている物がわかれば、ご希望に添える物を御案内出来ると思います。最近も、和風住宅に合う物を要求され、チョイと困ってしまいましたが、安く気に入って戴けたので、ホッとしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です