秋の長雨に、清里シェルのプリズムグラスコート

更新日:2018年09月25日

先日も紹介しましたが、良い使い方が見えてきたので、再度御案内。
洗車に困る八ヶ岳ですが、清里の昭和シェルスタンドで始まった洗車機コーティングのプリズムグラス。お奨めの使い方。
1.自宅で、車体のくすみなどを取っておく。頑固な汚れも取っておく。
 (面倒な方は、スタンドに相談して下さい。下地処理を8000~10000円位でやってくれます)
  私は、気になるところをコンパウンドで軽く磨いて洗車に行きます。(毎回ではありません。初回のみ)
2.スタンドで、プリズムグラス+パワー洗浄を依頼する
3.新車のような仕上がり。

このプリズムグラスですが、効果が非常に長持ちするのが特徴。水弾きも良く、満足度の非常に高い洗車かと思います。
洗車機での色々なコースがありますが、ここまで効果が実感出来て、長持ちするのは初めてです。
清里の昭和シェルさんは、仕上がりの拭き上げなども丁寧ですし、お奨めです。

下地処理しなくても出来るのですが、仕上がり具合に大きく差が出ます。私の車も、下地処理せずにやっていたのですが、先日10円玉パンチを食らい、傷落としを兼ねて気になっていたボンネットから、くすみの気になるところを、一気にコンパウンドで磨いて、洗車に出したら、新車みたいに仕上がりよく出来上がってビックリ。秋の雨が楽しくなるほどでした。

洗車機のコースとしては少し高いですが、一度欺されたと思ってやってみると良いと思います。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です