八ヶ岳は大雨の影響軽微でした

更新日:2018年07月07日

各地で大きな被害が報じられておりますが、八ヶ岳は影響少なく、殆ど被害は出ていません。
大泉のアメダスの72時間降水量も86mmとさほどではありません。(長野県、伊那谷・木曽谷方面は72時間で300mmを越える大雨になった様ですし、ひるがの高原(岐阜県北部)方面は900mm近く降っているようです)

長時間通行止めだった中央道も通れるようになっております。中央線も新宿方面は通常通りの運行になっているようです。名古屋方面へ向かう中央西線は終日運休のようです。

特に被害情報も入ってきてはいません。
ただ、各地で水が湧いていたり、側溝が落ち葉で詰まって溢水していたりします。運転にはご注意下さい。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です