長野県で起きた地震で公表された資料が非常に詳細です

更新日:2018年05月15日

気象庁公表資料PDF

5月12日に長野県の信州新町から小川村付近で発生した地震に対し、気象庁が公表した資料が、非常に詳細かつ広範囲の事について触れています。今回の地震も、構造線上で起きた物と考えられているようで、八ヶ岳南西を走る断層帯の方までの記載があります。過去の地震についての資料も公表されており、非常に貴重な内容です。内容についてのどうのこうのは、素人ですので控えます。とても勉強になりました。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です