一度は受けたいドライビングレッスン

更新日:2017年10月15日

教習所で教えてくれることは、かなり最低限だと思うのです。あまり、時間を延ばせば料金が上がって日数も嵩むし…取りあえず、出来る様になったらOK…というのが実情ではないでしょうか。
最近では、大型二輪が教習所で取れるようになって、大型二輪車のマナー低下が著しいのも、これが一因だと思っています。検定一発で限定解除していたときは、通り一遍の事だけで無く、乗車姿勢や周囲交通への配慮、さらには運転に出る考えまで指摘を受けた物でした。

それを補完するわけではないのですが、各メーカーさんが実施しているドライビングレッスン。これは、運転経験どうのではなく、一度は受けた方が良いと思います。一部ではサーキットでレース向けの物がありますが、そうで無く一般向けというのが各メーカーであります。充実しているのは、トヨタがFUJIスピードウェイで実施している物や、HONDAが自社の専用コースで実施している物、日産もNISMOが実施している物があります。これらは、色々なシチュエーションを再現する施設があり、パニック時の対処など、普段出来ない体験も出来るのでお奨めです。

なんと言っても、こういった所で一番最初に指摘を受けるのが運転姿勢と悪い癖。これは、参加者全員が指摘を受けると思います。最初は違和感を覚えるかもしれませんが、これを治すと驚くほど運転が楽になります。特に長距離での疲れが違います。私も、もう20年以上前ですが、受けたことが基礎になっているところが沢山有ります。教習所では教えてくれなかったことを、多く学んだと思います。(そもそも、私は練習所に通って、免許センターにて一発で免許を取った方なので、教習所以上に色々教えてもらった方だと思います)

FUJIスピードウェイでのスクールでは、低μ路面でのコントロール講習があるので、凍結路面でのスリップ時の対応などの良い練習にもなると思います。一日ドライブを兼ねて、行ってみると良いのではないでしょうか。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です