やっと、心底から『旨い』と思うビールに…

更新日:2017年07月16日

サニーサイドカフェの樽生ハートランドが『樽冷式』になって、3日目。やっと、昨夜私も味わうことが出来ました。(←えーっ!!飲んでなかったの!!! って、忙しくて暇が無かったんです)
実に滑らか。麦汁の香りが広がる『はぁ~ 旨い!!』と思うビールになっていました。麦芽100%のハートランドはこうでなくては。
余りに美味しくて、スイスイ進んでしまいます。これなら、台湾ビール18天《生》にも対抗出来ます。

先日、一般的な樽生ビールの瞬冷式と樽冷式の違いを書きましたが、もう一つ大きな違いを書き忘れていました。

使用する炭酸ガスの圧力が全然違うのです。炭酸ガスは冷えるほど溶けやすくなります。樽冷式はビール自体の温度が5度前後。サニーサイドカフェでは3~4度でコントロールしています。ビールは、通常1Lあたり5g前後の炭酸ガスが入っているのを基本にしています。私は、気持ち低めの4.5~4.8gにしています。(その方が麦の香りが出やすい)その為、圧力は0.8kg/平方センチぐらいで運用中です。

これが、一般的な瞬冷式の場合はビールは室温になっていますから、この時期ですと25度位になります。そうなると2.5kg/平方センチぐらいに圧力を上げないと、炭酸ガスが入りません。ただ、開栓してから、これだけ高い圧力の炭酸ガスがズッと押し寄せている関係でしょうか、どうしてもピリッとした感じになりやすいと感じています。(本当は平衡するはずなので、多く炭酸ガスが入るわけでは無いのですが)

こんな暑い日ですと、簡単に1グラス一気飲みも出来てしまうほどスムースな、サニーサイドカフェのハートランドビール。私も、やっと納得の味が出せるようになって嬉しいです。
是非、この美味しい時期にお楽しみ下さい。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です