数年前のリッチな国産ウィスキーの味わいがここに…

更新日:2017年05月10日

熊本のバーテンダー有志が集まって、7年前からオリジナルウィスキーを出していました。『KUMAMOTO Bartender's Choice』というシリーズで、まだ原酒豊かなときの白州など、特色有るウィスキーを見つけ出して、リリースしてきました。

昨年の熊本・大分の震災復興の為に、賛同戴いたマルスウィスキーの協力で、今回リリースされたのは『K.B.P.』です。KUMAMOTO Bartender's PROJECTと言う事で、売上の一部を復興へ寄付という物。今回、初めて『サニーサイドカフェ』に入れてみたのですが、その味わいに驚きました。国内大手は、ハイボールブームに乗じて、原酒を使い果たし、数年前には味わえた豊かなウィスキーとは全然違う物になってきています。久々に「いいねぇ…」と思う、物に出会いました。一本3600円前後と、少しお値段は張りますが、この熟成感とまろやかさは、中々のものです。

今回は、樽買いでの限定生産(200~400本前後)ではなく、6000本とかなりの生産量ですので、まだまだ市場には残っています。コストパフォーマンスは良いと思います。呑んで復興支援も出来ますし、お奨めです。

熊本バーテンダーズプロジェクト

サニーサイドカフェでは、特別価格で、このK.B.P.のハイボールを500円、ショットでは800円でご提供しています。(本商品のみ1oz・30mlでの御案内です)お試し下さい。

熊本スペシャル




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です