高速バスの駐車場が飽和状態に…

更新日:2017年03月10日

なるべく東京には出ないようにしている私です。人混みがそもそも苦手な方ですし、ゲッソリ疲れるので、出来るだけ避けています。でも、上京しなくてはならぬ時は、高速バスで往復しています。(羽田空港始発の時は、自分の車で走って行きます)最近、高速バスに乗るときに思うことなのですが、駐車場が飽和状態になっています。数年前に北杜市の方で30台ほどの駐車場が新設されていますが、日中は常に満車状態。周辺道路にも多数の車が路上駐車をしている状況になっています。

上り側にも十数台止められますが、こちらも常時一杯の状況です。かろうじて空きが見られるのは、高速ガードの交差点にある5台分の駐車スペースでしょうか。ここは駐めにくさ満点である事が影響していると思います。時々、キチンと5台分の枠に駐めていない車がいて3台分に減っちゃったりしています。

小淵沢の状況を見ても、同じ様な感じになっており、高速バスの人気ぶりが伺えます。
駐車の問題で高速バスの時間選択が重要になってきました。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です