早起きが苦で無ければ、羽田の始発便はgood

更新日:2017年01月27日

八ヶ岳を起点にすると、飛行場の選択肢に非常に悩みます。
松本が近くて便利なのですが、就航がFDAの為に、少々高い事、行き先が千歳と福岡(時々大阪)に限定されるのが、利用を減らしてしまう所です。
あとは、静岡やセントレア(名古屋)、羽田が候補になります。今までは、羽田に関しては都心に一旦入ってのアクセスだったので、渋滞が読めず、躊躇する所でした。
セントレアは地味に距離があるので…静岡も福岡や千歳、那覇はありますが、それ以外となると無理。あと意外に距離があるんですよね。

今回、試してみたのは、羽田の始発便。羽田の始発ラッシュは7時前後に集中しており、各地方空港へ飛んでいます。この時間の飛行機に乗るためには6時半頃に羽田空港の駐車場に入りたいところ。逆算すると4時から4時半頃には八ヶ岳を出なくてはなりません。この早起きが大丈夫なら、この時間帯は使えます。なぜなら、渋滞が始まるギリギリ前なんです。中央道の府中付近、三鷹や調布あたりも、バイパス状態になる物の、一応流れてくれるので、割合にスッと抜けることが出来ます。高井戸~新宿にかけても、まだ流れているので割合に早く抜けられます。新宿西JCTで、C2へ入り、トンネルを10分ぐらい走れば大井JCTで湾岸へ出ます。このC2線の登場で楽になりました。

実にスムースに羽田へ入って、朝日の中を飛んでいくのはいい感じです。各方面に飛んでいっても8時台に到着ですから、1日使えます。飛行機の時間メリットを目一杯活かせますし、非常に使いやすいと感じました。
余談ですが、4時前に高速に乗れば、深夜割引が適用されるので、金額面のメリットも大きいです。(30%off)

帰りは、微妙です。今回は10時過ぎに羽田に着く最終便で帰ったんですが、意外と工事が多く、流れはスムースとは言えませんでした。これなら19時台とかに着く便で、眠くなる前に車の運転を済ませる方が良いと感じています。(この時間に着く便は、意外と割高なことが多いですけど…)0時過ぎて、長坂インターを抜ければ、同じく深夜割引が適用になるので、それはそれでメリットが出るのですが…(3700円弱が2600円になりますからねぇ)

日本全国に路線がある羽田が、こうやって便利に使えるのは、良いのではないでしょうか。駐車場も1日1500円ですので、使いやすいですし。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です