お問い合わせ 事例紹介

山梨でバンクシーのリトグラフが拝めるチャンス

中央道双葉ジャンクションから、静岡方面へ4つめのインターに『六郷』というインターがあります。
このインターから5分ほどの所に『なかとみ和紙の里』という施設があります。
この中に『なかとみ現代工芸美術館』と言うミュージアムがあります。
ここで、2月14日まで、身延山の『みのぶまんじゅう』製造元の甘養亭さんの収蔵品展示が行われています。
メインは明治大正のオールドノリタケと言われる、アンティークの輸出用ノリタケのコレクションです。

しかし、それ以外に現代芸術のコレクションがあり、あのバンクシーのリトグラフが4枚展示されています。
中でも、シュレッダー事件で一躍有名になった『少女と風船』が展示されています。
私も現物は初めて見たのですが、あの空間構成に驚きました。映像では解らない、あの『空間の間』は素晴らしい。
入館料無料で見ることが出来ます。是非この機会に!!

なかとみ和紙の里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です