お問い合わせ 事例紹介

山梨・長野では新型コロナは、ほぼ小康状態へ

山梨や長野では、ほぼ新規感染者が出なくなってきました。
山梨でも一時期コンスタントに十数人など、結構な人数が出た時期があり、長野では松本でまとまった感染者が出始めたと思ったら、白馬で爆発。どうなるかと思いました。

そんな状況も、2月に入って少しずつ落ち着いてきて、両県とも感染者が出ない日も多くなっています。

北杜市のコロナ関連情報サイトの更新が今ひとつですので、情報が遅いのですが、山梨県では市町村別の感染状況を公表しています。それによると、北杜市も散発的ではありますが、意外と出ているのです。
まだまだ気が抜けません。感染対策は万全に、気をつけて過ごす必要はありそうです。

私が重宝しているのは、バイオエタノール。88%濃度と濃く、グリセリンなどは入っていません。(私はシミになるし、べたつくし、保湿成分は不要派です)18Lの一斗缶入りで7600円前後と安いです。ミニスプレーなどに小分けして使うには安くて重宝しています。楽天他、ネット通販で売っています。(元々は、アルコール暖炉用の燃料向けですが、エタノールですので消毒用にも問題は殆ど無いと思います)

山梨県のコロナ禍への取り組みは高評価すべきでしょう。
十分な療養ホテルの確保。いち早く、cocoaで接触情報があった人への検査実施に加え、最近は接触者までの検査実施。(濃厚接触者では無く、接触者へも検査実施)
山梨大学医学部の動きも素晴らしいものがあります。人口が少なく、医療リソースが多くない県だけに、この動きは良かったと思っています。
北杜市では、甲陽病院でいち早く受け入れも行われておりました。(今もだと思います)

少しでも早く、この騒ぎが完全に収まって、気にせず生活が出来る日が来て欲しいと願う毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です