お問い合わせ 事例紹介

オルケア事務所付近の雨状況

八ヶ岳にいらっしゃる方々には、朝からエリアメールがやかましく鳴ってビックリじゃないでしょうか。さっきも、白州・武川の河川沿い地域、傾斜地に近い地域で『高齢者避難』(レベル3)の指示が出ました。
交通関係では、JR中央線が特急以外が止まっております。141号線は雨量規制で、高根町長澤から清里にかけての弘法坂で通行止めになっています。
高速道路、東京方面は雨による速度規制だけですが、名古屋方面は深刻です。1時10分現在、諏訪~伊北・塩尻北までが雨のため通行止め。飯田山本から中津川は土砂崩れの為通行止めです。阿智付近で発生した土砂崩れは復旧に時間がかかりそうです。

で、肝心の雨なのですが、これまでの所、大泉のアメダスでは累計で50mm程度の降水でして、さほどではありません。時々強く降ったりはしていますが、大半はシトシトと降っています。
しかしながら、まだまだ雨雲が来るようです。
今後の雨量に注意しましょう。特に土砂災害警戒区域にいらっしゃる方は、避難準備と計画をしっかり確認しましょう。

また、大きな動きがありましたら、こちらでお知らせします。

2 thoughts on “オルケア事務所付近の雨状況

  1. 伊藤さん、タイムリーな情報発信有難うございます。富士見高原でも雨が続いていますが激しくはありません。長野県では安曇野が大変そうです。避難指示が出ています。白州でも避難指示3が出ているのには驚きました。3年前の台風で鉢巻道路が寸断されたので決して楽観はしていません。お盆のシーズン、八ヶ岳の観光産業は大打撃ですね。早く晴天の暑い八ヶ岳に戻って欲しいものです。

    1. 富士見高原の森人さま
      コメントありがとうございます。どうも、八ヶ岳エリアはお昼で降水帯からは抜けるようです。
      今回の雨、諏訪と原村でも120mm以上降水量が異なり、諏訪と辰野でも90mm近くさらに降水が多いと言う、驚きの観測結果が出ています。僅かな距離で、そんなに違うかな…という感じです。地盤が流れやすく、急峻な地形の多い岡谷では災害も起きてしまいました。
      気候変動が激しくなり、予測がなかなか出来ない様になりました。

富士見高原の森人 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です