お問い合わせ 事例紹介

富士屋ホテルの『本館 焼き菓子詰め合わせ』

富士屋ホテルのお食事やパン、焼き菓子類の美味しさは定評あるところです。
実は、私は30年来の富士屋ホテルファンでして、独身時代から機会あるごとにお邪魔してきました。
兄の結婚式をきっかけに、親しくさせて戴いているスタッフのご夫婦とも25年以上のお付き合いになります。(早いものだ……)

一部報道でも大きく取り上げられましたが、箱根の宮ノ下にあるクラッシックな富士屋ホテル本館は、昨年7月まで2年を超える休業期間に、大々的な改修工事を実施して、創業当時の雰囲気をそのままに伝える内容で生まれ変わりました。
建物の見た目は、綺麗になっていますが、殆ど変わっていないので『何処を変えたの?』っていうお客様があるそうです。
しかしながら、木造部分は柱と梁以外は、ほぼ全て取り外し、骨組みからの耐震改修及び性能向上を図ったようです。
私も、一部レイアウトの変更は解ったのですが、建物仕上げはほぼ一緒でして、表面だけかな……と思うほど。
実際には百数十億円の巨大大改修だったようです。

改修工事のyoutube

新生『富士屋ホテル本館』ですが、宿泊のお部屋も大改修されて、水回りなどは最新の物となっています。
明治39年築の西洋館ですら、断熱から防音なども現代の物になりながら、設えは当時のままという、見事な施工です。
漆喰の装飾も、型取りして新品に作り替える徹底ぶり。
お部屋も、小さなお部屋が無くなったりして、快適なお部屋だけになっています。
そのため、146室あったのが120室に減ったそうです。その分、大浴場が新設されたりして、大きくグレードアップしています。
そのせいか、少々お値段もグレードアップしています。
私には普通には手が出ないのですが、懇意のスタッフの方のご厚意に甘えて、特価でお邪魔する機会に恵まれました。

その際に、見かけたのが『本館 焼き菓子詰め合わせ』です。
どうも、宮ノ下の本館ショップかピコット(パン屋さん)でしか入手出来ない限定品で、300g程のクッキーや、焼き菓子が可愛らしい缶に詰められています。
お値段が4600円と買いやすいお値段ではないのですが、この内容の一つ一つがスゴすぎた。
クッキーの詰め合わせは他にもあるのですが、全然中身が違います。(そのクッキーも、かなり美味しいのですが……)
パティシエが丹精込めて一枚一枚仕上げる逸品が詰め合わされた物らしく、香りのよさ、味の良さには衝撃を受けました。
これまでに色んな焼き菓子を食べてきましたが、異次元の美味しさです。

ピコットのホームページ

上記サイトを下に送っていくと、緑の缶に入って出てくるのが、その『詰め合わせ』。
オンラインショップにも出てきません。
箱根訪問時には是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。