日産の電動ノートのホームページで八ヶ岳高原大橋が出ていました

更新日:2017年02月07日

エンジンで発電し、モーターで走る車『e-Power』のノートが話題になっておりますが、この駆動方式って意外に八ヶ岳向きなんですよねぇ。上り坂はモーター特有のトルクで走ってしまうのと、下りは強力な回生ブレーキで走れるので。私も、一度は八ヶ岳で試乗してみたいと思っています。なぜなら、一部報道で箱根のターンパイクをブレーキ踏まずに回生ブレーキのみ(要はアクセルのon/offだけの操作)で降りてきたとの記事が出ていたのです。ならば、大泉のセブンイレブンから長坂インター迄ぐらいの下りなら余裕だろうと…

で、日産の方も色々な所で、このモーター特有の加速をいろんな人に試したビデオが公開されています。中には清里高原大橋も登場。あそこから、清里へ駆け上がる上りは結構きついですよねぇ。その他にも、不幸明媚なところでの試乗が沢山出ています。

NOTE6秒百景

じゃ、自分でNOTEに乗りますか??と言われると、残念ながらありません。先日、レンタカーで普通のNOTEを借りて、一泊二日で450km程乗りましたが、シートがNGです。安っぽいウレタンスポンジのソファみたいな、ハリの無い座り心地は、私には2~3時間が限度。長距離が多い私には重要なポイントです。この時はガソリン車でしたが、18KM/L行かせることが出来ず、少々残念。e-Powerなら20km超えるのかな…あと、4WDじゃないこともネックになります。もし、e-Powerに試乗される機会があったら、シートは要チェックしてみて下さい。

でも、多様化する動力方法が選択出来るのは嬉しいことです。リーフでは航続距離に…という方には、良い選択肢になるでしょうし、八ヶ岳ではそれなりに有力候補になってくる一台だと思います。このシステムが、もう少し多くの車種に広がれば、また変わってきそうです。




ブログのトップへ

2 Comments

田村 耕二

e-powerのnoteには期待するものが多いですね。私もポルシェのパナメーラ(ハイブリッド)を買って高速で充電し電気で大泉まで来ました。帰り(下り)も殆どガソリンや電気も使わずに高速にはいれたので満足しています。唯充電された距離は20キロ分と少ないことがイマイチでした。

Reply
邦剛伊藤

田村 様
コメント有り難うございます。この上り坂をガソリン無しとは、凄いですね。アウトランダーのPHEVの密度が非常に高い大泉ですが、こちらも殆どガソリンいらずと聞いています。電動の時代が近づいているような気がしています。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です