天女山入口から西側への高原道路通行止めは長引きそう

更新日:2018年10月08日

標高1300m位は、紅葉が始まりました。
天女山入口から小淵沢方面への高原道路(通称:鉢巻道路 県道11号)は通行止めになっています。
昨日、現地を確認に行ってきましたが、バリケードが壊されて車が進入出来るようにした、形跡があり、複数の車が進入していました。
しかしながら、仙人小屋前でバリケードがガッチリ置かれており、通り抜けは出来ません。

更に、現場は路面だけを見ると、歩道が崩落しているだけに見えますが、路盤の下を通過する水路が、プチ土石流の様になっていて、大きく損壊しています。
路面の支持基盤自体がもろくなっているので、車両通過は危険です。

これの修復は時間がかかりそうです。

富士見町の鉢巻道路は普通に通れるようになりました。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です