クラフトビールは少量で満足感高い

更新日:2018年07月21日

八ヶ岳も猛暑に巻き込まれておりますが、この2日くらいは風が出て、まだ過ごしやすい感じです。それにしても暑いですねぇ…寒冷地仕様で、肉布団満載の私には酷な夏になっています。

こんな日の夕暮れには、冷たいビールをグーーーーーーッと呑みたいです。私は何でもグイグイ行ってしまうので、特大ジョッキでガンガン飲む方なのです…一番始末が悪いタイプです。
所が、クラフトビールだと、そんなに呑まなくても、満足度が高いのです。最初は一気に呑んでしまうのですが、その一気も400mlもあれば十分です。その後は300ml位で、ジワリジワリ呑んでいると、結構満足してしまう…度数が6~7%と言う事もあるのですが、味の密度が高いのも影響大のようです。

現在、サニーサイドカフェでは、キリンビールのクラフトビール『グランドKIRIN』、伊勢から『伊勢ビール 』(ペールエール)、ニューヨークから『ブルックリンラガー』(アンバーエール)、東京から『アフターダーク』(ダークラガー)の四種類が入っています。いずれも個性派。季節の変化によって種類も変えていく予定です。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です