甲府駅前では貴重な美味しい店『四文屋』

更新日:2018年06月12日

甲府の駅前って、私にとっては砂漠のような場所だったんです。だって、ビール一杯飲むのにも、考えちゃうお店ばかりで…唯一のオアシスだった山交百貨店上の『サイゼリア』も無くなったし。(ここまで来て『サイゼリア』も無いでしょうけど)ロータリー周囲のチェーン店は、『ぼっち』には優しくない個室ばかりだし…しかも、ビックリするぐらい高い。先日も、焼き鳥ならカウンターが…なんて甘い考えで、ある全国チェーンの扉を開けたら、全個室で『ぼっち』は半畳ほどの監禁部屋みたいな『ぼっち席』に押し込められて、ビール二杯と網焼きの焼き鳥と皮ポンで2900円も取られる始末。地元で有名な蕎麦屋の支店に行って、『板わさ』頼んだら、スーパーの特売で売っている夕月というピンクの蒲鉾を半分も使わずに出てくる始末。挙げ句の果てには、お好み焼き屋さんでは『これ半生じゃないですか?』っていったら、『ウチは本場のふわとろが売りなので!!』と、火の通っていないお好み焼きを食わされ…良い思い出がありませんでした。

なので、甲府駅前で呑むという事を諦めていたのですが、ここに来て面白くなってきました。(数分歩けば、色々有るんですが)
駅前ロータリーから、山梨県庁正門方向へ数十メートル歩くと、『四文屋』というチェーン店が出来ました。(OPENは昨年ですから、もう結構経ちますね)中野とかに展開中のチェーン店です。
魚系のお店が手前。肉系が県庁側にあって、2軒に別れています。価格帯は似たり寄ったり。カウンター席もあるので『ぼっち』も楽しめます。
価格が手ごろで、気軽に使える居酒屋として人気が有るようです。確かに、遅い時間まで賑わっています。

15時から営業ですから、東京帰りの乗り換えタイムなどに楽しめそう。やっと、甲府駅前にオアシスが出来た感じです。

肉系のお店は焼きトンがメインですかね。焼き鳥もあり。特筆すべきは、生肉系が充実。どのメニューも『へぇ安いね』という感じ。
魚系は寿司と天ぷらが売りのようです。寿司一貫100円位でしょうか。刺身も価格の割に良く盛ってあって割安感ありです。

両方とも、飲料は同じ構成です。生ビールは、価格の割にジョッキが小さいですかね。日本酒なども安いですけど、量は少なめ6勺とかそんな感じです。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です