毎年の事ながら アリ対策の時季であります

更新日:2018年05月24日

この時季から、建物へのアリの侵入が急増します。お電話でも『隙間からアリが入ってくるので塞いで欲しい』とのご依頼を受ける事がありますが、隙間を塞いでも塞いでも、入ってきます。オルケアの建物は、北海道でも自慢出来るレベルの気密性をもっていて、隙間に関しては『何処から入ってくるのかなぁ』と思う程なのですが、入ってきます。

なので、アリ対策は『隙間を塞ぐ』では無く『侵入経路を絶つ』事が一番の特効薬です。基本的にアリは、基礎を伝って侵入することが多いので、建物が地面に接する所で食い止めるのが効果的です。なので、建物の軒下などに物が沢山置いてある物件では、アリの侵入が多い傾向があります。薪が積んであるのも良くないです。必ず、建物とは拳1個は隙間を確保して下さい。接触していたりすると、其処を橋にして侵入されたケースは多々あります。

基礎と地面が接する場所に、忌避剤を散布するのが、一番手軽で効果的な方法です。Jマートや、ウェルシアで大きめのプラスティックの容器に『アリ・ムカデ』とか書いてある粉末状の忌避剤が売られています。1個数百円です。1個あれば、建物一周(普通の住宅で)は十分あります。今の時期に一回、梅雨明けにもう一回やっておけば多分、今シーズンは大丈夫です。まだ、来てないよ…という場合も、先手必勝でやっておくことをお奨めします。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です