SDカードも256GBの時代到来

更新日:2018年05月23日

数年前は2GBで十分だったのが、いまやスマホになって64GBが当たり前の時代になってきました。それに伴いSDカードも容量アップが凄い勢いです。256GBなんてのが登場し、出回っています。512GBなんてのも出始めているとか。20年前は、ハードディスクでも40MBだったのが、あんな吹けば飛ぶチップに256GBなんて信じられません…古い人間です。

メモリーカードで定番処だった『上海問屋』さんが閉店し、Amazonで価格を見てみましょうか。
32GB 1500円前後
64GB 2300~3000円弱
128GB 4000~5000円前後
256GB 13000~15000円
こんな感じになっており、1GBあたりの単価で行くと64GB付近が一番美味しいレンジになっているでしょうか。まぁ、一番需要も多い所でしょうし。でも高いなぁ…

Amazonあたりを見ていると、256GBで4000円~5000円で売っているのがあるのです。レビューは酷評が並んでいますが…
私は、もっと地雷系で、中国から直接購入を試してみました。256GBで送料を含めて1100円ほどです。(普通なら、そんなのまともなのが来るわけ無い…と思いますよね)中国の方で探すと、256GBで1000~1300円が相場のようでして、しっかりと大手メーカーのプリントまでしてある物もあります。どうせ、海賊版でしょうけど。購入申込みして2週間程度、手元に来ました。

256GBカード

早速使って見ます。どうもスマホ曰くはClass10程のスピードが無いようです。(最近のスマホは遅いSDカード挿すと文句を言うようです)早速、ベンチマークをかけてみましょう。読みが15.21MB/S、書込が10.12MB/Sとでました。まぁ、使えなくはありませんが、class10には到達していません。私はハイレゾを聞くわけでもないので、つかえそうなので、耐久テストを兼ねて使って見ることしました。容量はチャンと250GB有効で出ていますので、正常だと思われます。1100円ですからね。思ったよりコストパフォーマンス良いのではないでしょうか。なんだか、512GBなんてのも売っていましたが…流石にここまでは手が出ません。

容量認識

AmazonMusicで20GB分くらい(おおよそ1500曲くらい)ダウンロードして使い始めていますが、取りあえず問題無く使用中。今度釣りに行ったら、ビデオでも撮ってみましょう。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です