決断しました。ハンドドリップコーヒー 豆を大幅に路線変更します

更新日:2018年05月06日

連休中多くのお客様に恵まれ、大忙しだったサニーサイドカフェ。私は、ここ最近夜しか店に立っていませんで、あまりお昼の様子を伺うことが無かったのです。でも、今回は久々に店に立ってみました。

以前から、どうしようかと悩んでいたところだったのですが、今回の連休中に大決断。ドリップコーヒーを、大刷新して、もっと馴染みやすい味にしようと思います。
サニーサイドカフェのコーヒー豆は、甲府の寺崎コーヒーさんに、ブラジルの単一農園産で処理方法にもこだわった『スペシャリティ コーヒー』を専用に焙煎して戴いていました。サニーサイドカフェ専用に、少し焙煎度合いを深くしてもらったりしていたのですが、多くのお客様が考える珈琲の味とはチョット違う様でして…。焙煎を深くしてもらっていても、世間の珈琲からは、圧倒的に焙煎が浅い。ブラジルなので、酸味が少し強く、この癖を嫌われる方も多い様なのです。

あと、決定打だったのは、クリームとの相性が悪い。牛乳とは良いのですが…

で、どうするか。美味く味がまとまるか解りませんが、夏までにオリジナルブレンドを用意しようと思っています。少しクラシカルな、マッタリとした珈琲を目指します。
美味しい珈琲目指して、豆の輸入商社とも協力戴いて、早急に頑張りたいと思います。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です