141号迂回路となる中部横断道 佐久南ー八千穂が4月28日開通

更新日:2018年03月17日

昨日の記事にも書いておりますが、中部横断道の佐久南-八千穂間が、4月28日に開通します。本来は年度中(2018/03中)の開通予定でしたが、何が遅延したのか、今月になって急に4月開通と発表になりました。(今年は雪も少なく、遅れる理由は少ないと思うのですが)

この開通ですが、八ヶ岳南麓方面としては、かなり大きく利便性が変わってきます。
これまで、佐久方面へ行くにあたっては、八千穂の299号線交差点から先の流れが悪く、時間がかかっていました。ここが一気にパス出来るとなると、所要時間に大きな差が出てきます。
実は、長野市や上越、新潟方面へ行くには、佐久から上信越道を使って行く方が、距離も短く、早く、安く行くことが出来ます。特に今回開通の区間は無料ですので、安さは大きいです。一例で、信州中野IC迄の金額を比較すると、長坂インターからだと3720円、八千穂からだと2130円と4割以上違うんですよねぇ。志賀高原や野沢温泉へのスキーや、上越や新潟方面へ行くには、大きな理由になりそうです。
今までは、時間的なもので、このルートが選択されることが少なかったと思いますが、これからは結構活躍するようになるでしょう。

佐久から八千穂の区間は、あまり気になるお店も少なく、車の流れが悪かったので、精神的にも避ける方向の路線でした。軽井沢行くのが億劫になるのも、日中や朝夕の流れの悪さがネックになっていたのです。軽井沢も行きやすくなります。

今年のスキーシーズンに間に合わなかったのは残念ですが、来年は活用しようと思います。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です