激安アクションカメラ使ってみる

更新日:2018年02月15日

GoProと言う、アクションカメラ(小型で、衝撃などに強く、防水ケース等に入れて、スポーツやダイビングなどに使えるカメラ)の登場で、実に色々な映像が登場するようになりました。しかし、GoProは結構なお値段するんです。安い機種で3万強。メインは5万前後します。業務用じゃ無いと、ホイホイ使うのは怖い価格です。

でも、このGoProのお陰で、カメラを固定するアタッチメント(マウント)などは、完全にGoPro仕様で統一されています。なので、類似品の激安アクションカメラも使いやすくなってきました。

類似激安アクションカメラの販売が結構ヒートアップしていまして、数千円で色んなメーカーが出しています。三連休の時の雪が少なかったので、除雪出動とならずに、出番が無かったのですが、除雪作業の記録用に1台買って見ました。Crosstourというブランドの物で、4Kでの録画も出来る物です(容量食うし、編集出来る機材もないので使いませんが)。面白いのは、Wi-Fi内蔵で、手元のスマホへ映像を転送したり、保存も出来るのです。これは結構便利。六千円弱の物ですが、HD画質(60fpsまたは120fps)・フルHD画質(60fps)での映像は中々の物です。使わないにしても、4Kが撮影出来る機種の方が、画面のぶれなどが気になりにくく、見やすい画質になる様です。(fps数、一秒間に何コマ撮影するかのコマ数が多く撮影出来ることも大きい様です)

防水ケースに入れれば30m迄の潜水にも対応だそうで…スキーなどにも使えそうです。

今回は、交換用バッテリと急速充電機のセット(1900円弱)とアタッチメントのセット(1700円程度)も購入。これで、一日中の除雪作業も録画出来ます。

Youtubeを見ていると、複数のカメラを駆使して録画しているアマチュアの方を見かけるのですが、この価格なら買っちゃいます。
この天候ですと、除雪作業の前に、どこかスキーでデビュー戦になりそうですが、撮影しましたらアップしたいと思います。良い映像が撮れるかな??(こういったことには、余り自信ないのです)

除雪クラブ会員の皆さまには、Facebookのライブ機能を使っての、ライブ放送も検討中です。何処まで除雪が進んで居るのか、判る様なサービスも始めたいと思っています。(スマホで簡単に見ることができます)




ブログのトップへ

2 Comments

富士見高原の森人

昔ダイビングでGoPro使っていた仲間が多かったので懐かしい話です。イルカや魚の群れと一緒に泳いでいる姿を撮影するにはもってこいでした。当時も30メートルまで防水のケースありましたが、きちんと防水処理(防水リングにしっかり油を塗る等)しないと、水圧で水が入り高価なカメラが一瞬でダメになってしまいました。当時も高かったですが、そんなに安い商品出てるとお聞き驚きました。最近はスキー、マウンテンバイク、ロッククライミング等で、ヘルメットに取り付けハンズフリーで撮影できるのが売りのようですね。ぜひ、伊藤さんのスキー撮影に期待したいです。サニーサイドカフェで大型スクリーン使って上映してみては。スポーツバーの様になるかも。

Reply
邦剛伊藤

富士見高原の森人 様
コメント有り難うございます。GoProが先駆けて、一つのスタンダートとなったために、大きさもバッテリーも様々なアクセサリも、全く共通の製品が驚異的な価格で出回っています。私の購入した、帽子のつばなどに強力クリップで取り付けるマウントなんかは、中国から郵便で来ましたが、送料込みで190円でした…。頭用、身体用のベルトや、様々なマウントアクセサリキットなども千数百円で沢山出ています。
防水ケースは、構造的に本当に30m持つのかな…と思う感じがしています。まぁ、水没しても桁が違いますが…スキー程度では全く問題無しでした。造りとしては、とてもダイビングのお供には…本体が、全く防水の用意無しですから、怖いです。(他社独自規格の製品には、本体自体がある程度の防水を有し、さらにケースで…という賢い物も出ているようです。これらも1万円を切っているようです。
撮影をしてきましたが、編集の余裕が無く…もう少しお待ち下さい。普段の行いが良いせいか、絶好の晴れとなり、素晴らしいロケーションで撮影出来ました。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です