雪降っても乾燥していますので、火の元ご注意下さい

更新日:2018年02月13日

今冬の八ヶ岳は世間とはチョット気候が違うような…

寒波…八ヶ岳は日中の温度が上がりにくい傾向は有る物の、最低気温はさほど低くはない。御神渡りもでましたが、氷が薄く、大きな割れ目にまではならなかったようです。
大雪…八ヶ岳は例年より少なめでしょうか??先日の東京での大雪、東京の方が積雪しています。

北陸などでは、大被害ですが、今年の八ヶ岳、あまり例年との変化が無い様な…チョット変な感じがしています。

八ヶ岳で大雪が降る→南岸低気圧直撃+寒気が必要…と言うこともあって、ここ最近の南岸低気圧は八ヶ岳にとっては、接近距離も遠く、寒気も今ひとつと言う事で不発気味であります。逆に、沿岸で低気圧に近い富士山方面や、首都圏の方が影響が大きいという状況があるようです。

10日間予報を見ましても、現在のところでは19日頃までは、雪の予報無し。冷え込みも13日14日に若干低めが出ていますが、-7度とかですから、そんな寒波と言うほどではありません。今年の2月は、過ごしやすい日が続くのかもしれません。(他地方には申し訳ないですが…)

ただですね、非常に乾燥しています。1月末から、八ヶ岳南麓も火災が多発中です。火の元は十分にお気をつけ下さい。また、焼き芋も魅力ですが、野焼きなども絶対にやめましょう。(畑の土手焼きなどは、消防団が待機するなどの準備の基で実施しています)




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です