松本空港で変わったドラマを撮っていたんですね

更新日:2017年11月03日

秋の褒章に、三谷幸喜氏が受賞されていました。このかた、2013年に松本空港で変わったドラマを撮っているんです。
松本空港を舞台にしていながら、題名が【大空港2013】。なんだろう、このギャップは。
なんと、カメラ1台で、ノーカット(ズッと連続して撮影している)撮影。こりゃ撮影側、演じる方々も大変だ。

でも、中々面白かったです。知らない松本空港も見ることが出来ましたし。
現実には、全くあり得ない話でしたけど。松本空港を利用した事がある方は、ご覧になって損は無いと思います。

空港始業前の2時間を借り切っての撮影。3日間をリハーサル。6日間を撮影に費やし、改良を重ねながら6回撮ったらしいです。その中で一番出来の良い物を放送に使ったようです。
NGで『はーい、カットォ』と行かない撮影なので大変だったと思います。

今なら、アマゾンプレミアム会員でしたら、無料で視ることが出来ます。




ブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です